インストラクター紹介

Yukako (ゆかこ)

ハタヨガ(アーサナ)

10年間秘書として勤務した会社を退職後、2004年よりヨガを都内で教え始める。2006年より5年間 ヨガの知識をさらに深めるために日本と行き来しながらもほぼインドに滞在し アーサナや哲学、アーユルヴェーダ、インドの武術などを勉強。2007年より現在も学び続けているアイアンガーヨガをインド/リシケーシュ滞在中にはじめて以来 現在も日々修練を続けている。現在はフランス、パリにスタジオを構えるFaeq.Bira師に師事 師の開催するTTCやコースを定期的に受講し学び続けている。

ユキオ

ヨーガ哲学

学生時代の頃より、東洋思想・インド哲学に親しむ。インドの思想家のクリシュナムルティと禅の道元禅師に影響を受ける。

1998年 佐保田鶴治氏、番場一雄氏、アイアンガー氏の著作をもとに毎日自宅にてアーサナの実習を行う。
2001年 綿本彰氏の綿本ヨーガスタジオにて、ハタヨガのアーサナの指導を受ける。指導者養成コース上級終了
呼吸法コース終了
2003年 ケン・ハラクマ氏のIYCにて、アシュタンガヨガの指導を受ける。
IYC ベーシックハタヨガ TTC修了
アシュタンガヨガTTC修了
2007年 ポール・グレイリー氏の陰ヨガTTC修了
フリーペーパー「ヨガヨム」で、背広ヨギとしてコラム記事掲載。

ユキオ先生のブログ:背広ヨギ ユキオのコメンタリー
http://asathoma.blog129.fc2.com/

ユキオ先生のHP:
http://sudarshanayoga.com/

ゆか

ゆか

ヨガ入門、お灸とヨガ、解剖学

ヨガ略歴: 「ただのストレッチでしょう?」と思っていたヨガというものに、ある日スポーツクラブのヨガクラスでバカアーサナに出会い、興味を惹かれ今に至る。アシュタンガヨガやアヌサラヨガ、ヴィンヤサ、フロー、シヴァナンダ、陰ヨガ、、、などなどたくさんのヨガを経験し、その中でここのヨガが一番だと思い、ヨガパドマに通いつめて早6年。パドマのヨガを学ぶ中で、もっと人の身体のことを勉強せねばと一念発起し、学校に通い、解剖学、生理学などの西洋医学や、中医学を日々学び続けている。} 彼女の体に関する探究心は半端なくその知識量はかなり深いです。スタジオのドクターのように どこか調子が悪いとみんな 彼女に相談し、アドバイスだけでなく治療まで、。してもらっています。 お灸のクラスでは、ヨガで血液循環を良くした後、さらに滞っているところにお灸を その人の体調にあわせ している かなりお得なクラスとなっています。解剖学にも精通していますから 悩みがある方も疑問がある方も 丁寧に相談に乗ってくれますよ。 ここだけの話、魚の目で悩んでる方も ドクターゆかの手にかかれば、、、、、

 

後藤みちこ

ヨガ入門

FullSizeRender
2007年にヨーガを始めるも間もなく、身体についての興味を抱くようになり探求を始める。
抱いた興味はアーサナを通して自分の中心へと向かう、内側への意識の始まりだったのかもしれません。

2010年より原宿に位置するYoga Padma Rishikesh in 原宿 にて練習を開始。
探求への深みと繊細さを学ぶこととなる。
身体の状態と心の状態との繋がりを感じる日々に知識を知性に変換していく実践を今も継続し練習を重ねる。
小学生の娘と息子を持つ母でもあり、子育て、家族、日常こそヨーガであると自身のなかにある広がりを感じ、心と身体の感覚を楽しみ過ごしている。

地元地域にて「美しく・元気なココロとカラダづくり」をテーマに身体を整え健やかに、一人一人の美しさを引き出していくヨーガの素晴らしさを発信をしている

特別講師

アイアンガーヨガ正式指導者:Sophie Balier

Sophieは インドでアイアンガーヨガをはじめ、アイアンガー師の弟子のもとで 練習を積みました。そ  の後 パリのFAEQ師のもとで アイアンガーヨガ指導者コースを学び同パリのスタジオで 何年か指    導していました。現在はカリビアンに住まいをおき、そこでジェネラルクラスの他、妊婦や子供に  も     アイアンガーヨガを教えています。また、現在も自身のアイアンガーヨガの探求のため、パリの  FAEQ  師の元や、プーネのアーアンガーインスティチュートへたびたび赴き練習を積んでいます。 >